レンダリング事業

自分たちの眼で看て育んだ生命だから、最後まできちんと見届けます。

牛・豚・鶏処理の最終地点「レンダリング工場」。
「お肉」を生産する上で必ず必要となる事業です。処理工場で処理された牛・豚・鶏の食用とならない部位(以下 不可食部位)はレンダリングという処理が行われます。これらの不可食部位は適切な処理を行うことによって飼料や畑の肥料となります。いわゆる「お肉のリサイクル」。処理される全てがグループ内で出来てはいませんが、ニッポンハムグループでは日本フードパッカーグループと日本ホワイトファームがこのレンダリング事業に取り組んでいます。

自分たちの眼で看て育んだ生命だから、最後まできちんと見届けます。

レンダリング工程

レンダリング工程図

レンダリング工程について

レンダリング工程について

レンダリング工場では大きく分けて、レンダリング処理を行い生産する「動物性油脂」、油脂生成の際に発生する「副産物」と、鶏の羽毛を加水分解・真空乾燥処理を行い「フェザーミール」の生産を行っています。レンダリング処理とは、不可食部位を高温で加熱した後、搾油することにより油脂分とその残さ固形物とを分離する作業のことです。この際に高温・高圧で処理されるため、殺菌も同時に行われます。油脂分はさらに精製処理を行い、「動物性油脂」となります。搾油の際に発生する固形物はその後、粉砕・ふるいがけを行い、「動物性ミール」「肉骨粉」となります。鶏の羽毛は、高温で加熱又は加圧し、130℃以上で加水分解を行います。その後、真空乾燥・ふるいがけを行い、「フェザーミール」となります。豚・鶏由来の生産品は、良質な動物性たんぱく質飼料としてリサイクルされる為、国で定めた「飼料安全法」に則り、豚ライン・鶏ラインに完全に分けられ処理されています。また、牛由来の生産品についてはBSEの危険性を考慮し、飼料としてのリサイクルはせず、燃料やセメントの原料として再利用するため、他の畜種のラインに混入しないよう別ラインにて徹底した管理を行っています。
「お肉」生産の縁の下の力持ち。それがレンダリング工場です。ここで作られた製品は飼料会社等に販売され、良質な動物性たんぱく質の源として家畜の配合飼料やペットフードの原料となり、再び生命(いのち)を育む栄養となります。

豚糞・鶏糞の堆肥化事業ー未来へつながる農業を

環境への取組み

公害防止に関するさまざまな法令が制定される中で、企業活動を行う上で環境保全に配慮することは大前提となっています。自然からの恩恵を受け事業を継続している私たちが大地や水を汚すことはできません。しかし、近代的な処理施設を整備することにより、使用した水は微生物の力によって有機物を分解、処理し、固形物(豚糞・鶏糞)は数ヶ月かけて発酵分解を行い堆肥や肥料へと変えることができるようになりました。養分バランスに優れた堆肥や肥料は、有機肥料の需要の高まりとともに、地元農家さんの土作りにも貢献しています。このように、法令遵守を第一に考え責任ある事業活動を行い環境と自然の調和を目指し、地域との共生に取り組んでいます。

日本ホワイトファーム環境プラント

インターファーム肥料工場

近隣農家への還元

「ボカシ万次郎スーパー」/「ファイト1号」 製造元:インターファーム

インターファーム豚糞肥料紹介

「ボカシ万次郎スーパー」は発酵した豚糞を原材料として、土壌に良いとされるものを加えて好気性菌体群の働きにより更に約3ヶ月間かけてゆっくりと発酵さたボカシ肥料です。農家さんからもご好評いただき、全国へ発送しています。

「はまなす有機ペレット」/「鶏糞燃焼灰はまなす」製造元:日本ホワイトファーム

日本ホワイトファーム鶏糞肥料紹介

「はまなす有機」は醗酵した鶏糞を圧縮したペレット状の肥料です。生きた有効菌体と放線菌を豊富に含み地力増進と土壌改良に役立ちます。「鶏糞燃焼灰」は石灰質の働きにより、土壌の酸性化を矯正し、植物の病害に対する抵抗力をつけ、有機肥料のもつ微粒要素成分をバランスよく含んでいます。

  • 豚の生産農場
  • 処理工場

ページの先頭へ