コンプライアンスへの取り組み

ニッポンハムグループでは、コンプライアンス経営の徹底を最重点課題と位置づけ、社内体制を整えると共に、法令違反を「しない風土」「させない仕組み」づくりに取り組んでいます。グループ各社にコンプライアンス推進委員会を設置し、その推進に取り組んでいます。コンプライアンス意識の浸透を図るため、「日本ハムグループ行動基準」を基本とし、階層別集合研修や事業所単位での勉強会、コンプライアンス大会などを開催しています。また、ニッポンハムグループの全従業員が組織に制約されずに自由に苦情や職場実態を通報・相談できるよう社内だけではなく、社外にも窓口を設置しこの対応にあたっています。

ページの先頭へ